福島 フクシマ FUKUSHIMA

津波被害と原発震災に立ち向かう人々とともに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

緊急時避難準備区域   解除の日の広野町

 9月30日夕方、政府は、原発事故で設定された緊急時避難準備区域を解除した。
 南相馬市、田村市、川内村の20キロ圏より外側、広野町の全域などがそれに該当する。
 この日の午後、広野町を訪ねた。

 IMGP1200_convert_20111003181650.jpg
 広野町の駅前商店街。開いている商店は3軒ぐらい。人影はほとんどない。


IMGP1206_convert_20111003182733.jpg
 常磐線・広野駅付近。半年以上、使われていないため、線路が錆びついている。
 電車もあの日以来、そのまま。


IMGP1202_convert_20111003182335.jpg
 駅舎には駅員さんがいた。電車が来ているのは、ここより2つ手前の久ノ浜駅まで。ただ、バスによる代行運転がおこなわれているため、駅の業務は行われていた。
 駅員さんに復旧の見通しを訊いたが、「支社(水戸支社)から話がないからわかない」とのこと。(その後の報道によれば、10月10日に運転が再開される)。


IMGP1195_convert_20111003182940.jpg
 広野町で、もっとも早く、6月から営業を再開している肉と食品の「四倉屋」さん。
 この店は、広野町で営業を再開するとともに、広野町の住民が避難している仮設住宅(いわき市中央台高久)まで、移動販売車を走らせるなど、頑張ってきた。
 しかし、6月以降、夏を越えてから、むしろお客さんは減っているぐらいだという。
「やっぱり放射能がね。とくに子どもたちはね。だから解除といってもほとんど戻って来れない」と、嘆いていた。



政府の意図と住民の不信


 政府は、指定解除を判断した理由として、「原発の状態が安定しているから」としている。そして、「指定解除は、原発事故収束に向けた大きな一歩前進だ」(細野原発事故担当相)と強調している。
 しかし、住民の受け止めは違う。指定解除ということに喜ぶような声はあまり聞かれない。
 「『解除』と『戻る』は別。原発事故が収束したときが戻るとき」
 「子どもが戻れるような状況ではない。まずは原発事故の収束。その上で除染が筋」
 「解除の前にやることがあるのでは。除染はまだ始まったばかり」
 
 政府は、除染のキャンペーンを張り、指定解除を大写しにしている。そこには、「事故は収束に向かって前進している」「放射能の影響は問題ない」というプロパガンダの意図がありありとしている。
 しかし、実際のところは、いまだ炉心がどうなっているかもわかない状態、そして、広範囲におよぶ汚染にたいして抜本的な対策は見いだせない状態、さらに低線量被ばくや内部被ばくがとくに子どもたちにたいしてこれからどういう影響を及ぼすか、全く予断を許さない状態なのだ。
 たしかに、自治体の首長の中には、政府の思惑に乗って行こうという向きもある。住民の中にもそういう人たちはいる。
 しかし、こういう政府のやり方に、不信の目を向けている住民もたくさんいる。


 







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/03(月) 18:07:04|
  2. 広野町
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<稲ぼっちの隊伍   福島にも収穫の秋   | ホーム | 食品の放射能測定   生産者と消費者>>

コメント

緊急時避難準備区域の解除について、それに込められた政府や東電の思惑があるだろう、また住民の方々がどう思っているのか、とても気になっていました。
その一端を知らせてくださってありがとうございます。

宮城の金華山から南、福島~茨城の第1原発から100キロ圏内のサンマを入荷拒否と北海道の業者が決めたとか、銚子でも水揚げやめるとか、今朝のテレビで言ってました。農作物から海産物へ、いよいよ被害が拡大している(想像できたことだけど)状況に、なんともやり切れません。



  1. 2011/10/09(日) 11:56:34 |
  2. URL |
  3. kaoru #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://fukushima20110311.blog.fc2.com/tb.php/34-ca6cff67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。