福島 フクシマ FUKUSHIMA

津波被害と原発震災に立ち向かう人々とともに

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

除染期間中だけでも一時避難を   渡利地区で住民集会

CIMG3500_convert_20111128205742.jpg




 11月23日、福島市渡利地区で、「渡利の子どもたちを放射能から守ろう!」と題する住民集会が開かれた。主催は渡利小学校の親たちでつくる「渡利の子どもたちを守る会 (Save Watari Kids)」など。



ねばり強く行動

 
 渡利地区は、市内でも高い放射線量が計測されている地域。この間、多くの住民が、避難と補償を求めて政府と市にたいして行動をしている。
 10月8日には、政府・原子力災害現地対策本部と福島市が、同地区住民への説明会を開催。政府は、「特定避難勧奨地点には指定しない。とにかく除染をやる」という方針を示して終わろうとしたが、集まった400人の住民は納得せず、激論が5時間に及び、それでも決着がつかず。
 10月27日に、「渡利の子どもたちを守る会」の住民らが、地元で住民集会をもち、政府との交渉の方針を確認。翌28日に、住民の代表が東京・参院議員会館で、内閣府原子力災害対策本部との交渉に臨んだ。
 11月23日の住民集会は、この間の行動と交渉を総括し、次の方針を議論するもの。地区の住民ら約80人が集まった。

CIMG3496_convert_20111128205923.jpg



「選択的避難区域」の指定を


 「渡利の子どもを守る会」代表の菅野さんが、この間の交渉の状況と、住民の側の切迫した要望に踏まえて、次のような趣旨の提案を行った。――
 政府は、渡利地区の「特定避難勧奨地点」指定を見送ったが、そもそも、このような「地点」の指定では、渡利地区に合った措置は期待できない。「地点」の指定では、それによってコミュニティが分断される恐れがある。住民も、そんなことは望んでいない。
 そこで、現在の「特定避難勧奨地点」の制度を見直し、福島市や渡利地区の実状に即して、新たな制度の導入を求める。
 すなわち、高い放射線量に不安を持つ住民、とくに子ども・妊婦のいる家庭が、それぞれの選択で、同じ市内や近隣市町村に、一時的でも避難・移転でき、必要な援助・補償が受けられるようにする制度だ。これを、「選択的避難区域」とする。
 隣の大波地区で除染が始まっているが、難航している。渡利地区の除染がいつ始まるかも定かではない。そうしている間にも、子どもの被ばくは続いている。
 とくに、除染が始まった、粉塵とともに放射性物質が舞い上がる危険な環境の下に、子どもたちを置いておくことには不安を感じる。除染の間だけでも、渡利地区を離れることができるような措置を取ってほしい。
 同じ市内でも比較的、空間線量の低い西側、具体的には土湯温泉などの宿泊施設に、一定期間、除染の対象となる地区の子どもたちを避難させる方法を提案する。
 ――この提案が、「子どもたちを放射能から守るために  渡利・小倉寺・南光台の避難の権利・賠償に関する要望書」という形でまとめられ、福島市長、県知事、政府にたいして提出されることになった。また、この「要望書」の提出に合わせて、地区住民、福島市民はもちろん全国のみなさんにも署名をお願いすることに決まった。
〔署名については、本稿の文末に〕

CIMG3485_convert_20111128211659.jpg
(方針を提案する「渡利の子どもを守る会」代表の菅野さん)


避難を求める横の広がり 


 国も行政も除染を呼号する中で、避難を求める渡利地区の住民が、孤立させられてしまうかのように思われた。
 ところが、この要望書には、渡利地区だけではなく、隣接する小倉寺地区や南光台地区の名前も並んだ。これは、渡利地区と同じように、高い空間線量なのに、避難ができないでいる小倉寺や南光台の地区からも、渡利地区の動きに同調したいという声があがり、それを反映したものだ。
 また、福島市内の商店会からも、「渡利の子どもを守る会」に話が聞きたいという声がかかったという。
 さらに、この日の集会では、除染などで先行する隣の大波地区や郡山市、南相馬市などからも、同じ思いの発言があった。
 とくに、「大規模除染」が始まっている大波地区の住民から次のような事実が話された。
 ① 地区内で行われた放射能問題の講演会の際、自治会の役員らが、講師にたいして、「避難のことを言ったら、講演を止める」という制動をかけるなど、避難について議論することを許さない雰囲気をつくっている。
 ② 同地区の除染によって出る汚染土の仮置き場が、住民の反対の声をあげているにもかかわらず、市と自治会役員の間だけで、地区内の公園に決められた。
 ③ 実際の除染は、計画よりも1カ月以上遅れており、しかも除染後も放射線量は下がっていない。
 国や行政が呼号する除染が、住民主体を無視し、民主主義にもとるやり方で進められいることに、驚きと怒りの声が漏れた。

CIMG3501_convert_20111128210054.jpg
(大波地区から発言する住民。農業を営んでいる。大波地区のコメから暫定基準を越えるセシウムが検出されたことについても怒りを露わにした。「そもそも大波地区が高線量地域。その上に山に囲まれて沢の水を田に引いている。こうなることは分かり切っていた。にもかかわらず、県もJAも検査をせずに『安全宣言』を出していた」と、その杜撰さを批判。)


 要求しても要求してもはねつけられるという厳しい状況にたいして、それにも挫けず、また立ち上がり、要求を突きつける。そういうねばり強いたたかいが、避難を求める住民の横の広がりをつくり出し始めた。
 「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表世話人の中手さんが、「まず声を挙げた。それがようやく形になり始めた。だけど結果がだせるかどうか。今日の集会は、もしかしたら、後々、『あの日が転換点だったね』と言っているかもしれない。そういえる日が来るように頑張ろう」とまとめた。



渡利署名に協力を

 
 12月上旬の対市交渉にむかって、緊急の署名が呼びかけられている。福島市内、県内のみならず、全国のみなさんの協力を訴える。
 一次締め切りは、12月9日。

署名フォーム1(PC対応): 
http://goo.gl/RJlUJ

署名フォーム2(PC、携帯対応): 
https://pro.form-mailer.jp/fms/0a9d20d924258

紙の署名用紙: 
http://dl.dropbox.com/u/23151586/111126_watari_shomei_2.pdf


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


★避難の要求と交渉についての過去の記事★

▽子どもだけでも避難させてくれないのか 渡利住民の悲痛な叫び  10月28日 対政府交渉

▽福島市・渡利地区の避難指定を見送り 住民が強く反発  10月8日 住民説明会

▽「避難の権利」を要求 福島県民が対政府交渉  7月19日 福島市内





 
スポンサーサイト

テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/11/28(月) 20:47:47|
  2. 渡利地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

子どもだけでも避難させてくれないのか   渡利住民の悲痛な叫び

CIMG3378_convert_20111101163157.jpg


 10月28日、放射能で汚染された福島市渡利地区の住民らが、「渡利の子どもたちを放射能から守ってほしい」「避難を求める世帯に避難を。避難費用には賠償を」と要求し、東京・霞ヶ関の参議院会館で、政府・原子力災害対策本部を相手にした交渉に臨んだ。

 渡利地区は、福島県庁から1キロも離れていない。阿武隈川を挟んだ対岸。福島駅からでも1・5キロ。そういう都市部の住宅密集地。
 この渡利地区が、放射能によって汚染されている。
 住民らの独自の調査では、9月段階で、南相馬市で適用された子ども・妊婦の特定避難勧奨地点指定基準〔地上50センチの測定で、2マイクロシーベルト/時〕を超える地点が、178地点中の53地点にのぼった。
 ところが、政府が8月下旬から始めた詳細調査は、同地区6千7百世帯のうち、1千世帯余りだけを調査対象とし、しかも、1世帯について2カ所だけを測定するというやり方。そして、その結果は、指定の対象となる世帯が2軒あったが、その2軒が「避難の希望がない」と理由で――本来、指定には住民の意向は関係ないはずだが――、特定避難勧奨地点指定を見送るという決定となった。
 10月8日、この政府決定を説明する渡利地区・住民説明会が行われた。政府は、この説明会を一部の住民にしか通知しなかった。しかし、400人以上の住民が集まり、政府にたいして厳しい意見をぶつけた。説明会は大荒れに荒れ、深夜12時まで5時間かかっても収集がつかなかった。〔説明会の様子は、10月10日付「東京新聞」、10月17日「テレビ朝日・報道ステーション」、10月31日付「週間プレーボーイ」で大きく報道 / 本ブログでも10月14日付で報道〕
 住民らの憤りは収まらず、26日に地元で約90人が参加して市民集会を開催、そして28日には、約20人がバスで上京、県外の人びとと合わせて約300人が、東京・霞ヶ関の参院議員会館に集まった。


CIMG3332_convert_20111101163900.jpg



詳細調査をやり直して。なぜできない?


 住民のもっとも端的な要求は、「渡利周辺の特定避難勧奨地点にかんする詳細調査は、一部の世帯についてしか行われていない。詳細調査をやり直してほしい」ということだ。
 ところが、政府の返事は、「この地域ついては、除染をしっかりとやっていく。調査は除染の前に行う」。これをくり返すばかり。
 住民が要求しているのは、「除染をしてくれ」ではない。もちろん除染に反対しているわけでもない。ただ、「国の行った詳細調査には疑義がある」と言っているのだ。そして、「詳細調査をやり直せ」という分かりやすい要求をしているだけだ。
 「詳細調査をなぜ行えないのか」「住民がこれだけ要求しているのに、なぜできないのか」「調査していないところで、充分に高い値が出ている。住民は不安を感じて、調査をやり直してほしいと言っている。それを拒む理由はあるのか」。
 このように住民に詰め寄られても、政府は、頑なに「この地域ついては、除染の方を・・・」とくり返す。
 これをくり返すだけの答弁には無理があり、答弁する官僚も、しばしば言葉に詰まって立ち往生していた。
 渡利全域の詳細調査を行うと、政府にとって不都合な事実が出てきてしまうのか。何を恐れているのか。


CIMG3401_convert_20111101164656.jpg



除染はいつ始まる? 


 「では、除染の前に調査するというなら、いつ除染ははじまるのか」と住民が質問。
 すると政府は、「除染の準備ができた段階で」。
 ところが、除染は、仮置き場(除染によって出る汚染された廃棄物を置く場所)が決まらなければ始められない。
 「政府の言いたいことは、《除染の前には調査はやるが、準備が整わないので今はやらない。準備とは仮置き場の受け入れだ。渡利の住民が仮置き場を受け入れないと言えば、調査も永遠にしない。仮置き場を受け入れろ》と言っているようにしか聞こえない」と住民。  
 政府は、「そう聞こえたら申し訳ないが・・・」と弁解するのみ。


CIMG3385_convert_20111101170903.jpg



除染の効果にも疑問 


 政府は「とにかく除染」というが、その効果に保証はあるのか。
「除染、除染というけれど、(市が)除染しても(線量は)下がらなかった。直後は下がるが、すぐに元に戻る。
 そういう中を子どもたちは登下校している。本当に子どものことを思って、考えてほしい。自分たちの仕事も大切かも知れない。でもわたしたちはたった一人の命でさえ大切だ。どうかお願いする。考えてほしい」。


CIMG3393_convert_20111101171201.jpg



なぜ避難勧奨地点に指定しなかったのか?


 政府の詳細調査は限定的なものだったが、それでも特定避難勧奨地点の指定対象となる世帯が2軒あった。ところが、政府はその指定も見送った。
 「指定を見送ったのはどういった判断基準によるのか」と住民が問う。
 政府は、「2世帯とも避難を希望しなかったため。また、地域の端に位置しているから」。
 この答弁にたいして、住民が次々と批判する。
 まず、「避難の希望がない」について、「原子力災害対策本部の6月16日付文書〔※文末資料参照〕に示された手続きと違う」と批判。
 「あなた方が決めた手続きでは、まず国が指定をおこない、その上で、当該世帯が避難するかどうかを判断するという順序ではないのか。6月16日付文書にはそう書いてある。ところが、福島市については、この順序で行われていない。恣意的な運用ではないか。
 では、伊達市では、各世帯に避難の意向をきいているのか。伊達市できいていないとすれば、福島市だけ違うやり方をするのはなぜか」。
 政府は「伊達市で聞いたかどうかはわからない。・・・」
 分からないはずがない。基本的な手続きの問題なのだから。官僚は答弁に窮し、うろたえて顔を見合わせる。
 次に、「避難を希望しない」とされた2軒のうちの1軒の事情が住民から明らかに。その1軒はお寺で、檀家さんをたくさん抱えている。だから避難したくとも、避難できない。そういう事情なのだと住民が証言。
 「避難を希望しない」という指定見送りの理由の恣意性が浮き彫りになる。
 そして、住民が、「『地域の端だから指定しない』というが、そのような判断基準も、6月16日付文書には書かれていない」。たしかにそんなことは書かれていない。
 追い打ちをかけて、住民が、「『地域の端』というけど、渡利地区は、福島県庁から直線距離で1キロ、JR福島駅から1・5キロ。福島県の行政・経済の中心。われわれにとっては中心。認識が違う」と憤りを露わにする。


CIMG3412_convert_20111101171438.jpg



南相馬市と二重基準ではないか?


 さらに、住民が強く不信を抱いているのは、「南相馬市において採用されている、子ども・妊婦の避難基準〔地上50センチの測定で2マイクロシーベルト/時〕が、なぜ福島市において適用されていないのか」ということだ。
 国は、南相馬市や伊達市では、年間被ばく線量が、20ミリシーベルトを超えなくても、子どもや妊婦がいる世帯について、上述のような基準で特定避難勧奨地点指定の対象にしている。ところが、渡利地区には、この基準が適用されていない。なぜなのか?
 「国としては、あくまで1メートル高で、年20ミリシーベルトを基準としている。その上で、地上1メートルの測定で3マイクロシーベルト/時以上の地点の近傍について、家族構成なども踏まえた参照基準として、『50センチ、2マイクロシーベルト/時』とした」という。
 つまり、3マイクロシーベルト/時を超える地点がなければ、そもそも、子どもや妊婦といった、放射線にたいする感受性が高く、優先的に避難などを検討しなければならない人びとのことが、検討の対象にすらならないということを言っている。
 


地上50センチで5・4マイクロ 


CIMG3390_convert_20111101172021.jpg


 住民が、具体的に、「政府の測定でも、地上50センチで5・4マイクロシーベルト/時を記録した世帯があった。この世帯について、どのような検討がなされたのか。指定しなかったのはなぜか」と、政府・現地対策本部が測定を行った際に手渡された記録紙〔写真上 右端の枠内に5・4の記載〕を示しながら迫る。
 政府は、「その世帯は、地上1メートルでは2・2マイクロシーベルト/時だった。(だから検討の対象にならない。)地上50センチはあくまでも参照基準」と言って逃げようとする。
 しかし、「地上50センチはあくまでも参照基準」というが、現に5・4マイクロシーベルト/時という高い数字が出ている。しかも、「子どもの背丈を考えたら、50センチの高さの線量の方が重要だ」と住民が反論。
 これに政府は、何にも答えることができない。
 さらに、「国の詳細調査で、地上50センチで2マイクロシーベルト/時を超える世帯は何世帯あったか。そのうち、子どものいる世帯は何世帯か」と問う。
 政府は、2マイクロを超える世帯については、「渡利で162世帯、小倉寺で118世帯、南向台で29世帯」と答えるが、子どものいる世帯については、「把握していない」。
 これにたいして、「《子ども妊婦に配慮》というが、一体どこが配慮しているのか。全然そうなっていないではないか」。「南相馬の子どもと福島市の子どもとで、放射線にたいする感受性に差があるとでもいうのか。うちの子どもは、耐性が強いとでもいうのか」。
 住民の怒号がやまない。



■悔しい・泣いた・でも諦めない 


 2時間近くにわたる政府との交渉を終えて、引き続きその場で、事後集会が行われた。渡利を朝7時に出発しバスを仕立ててやってきた住民が次々と発言した。
 いくつかの発言を紹介する。


CIMG3434_convert_20111101172821.jpg

○菅野吉広さん (写真上 渡利小学校の親たちでつくる「渡利の子どもたちを守る会」)
 ひとつでも何かおみやげを持って帰りたいと思って、福島を出てきた。
 でも、途中、恥ずかしながら、泣いていた。なんで泣いていたかというと、何も変わっていない国の考え方、これを非常に悔しく思った。
 官僚の答弁の中に、自分も親だという話があったが、親だったら、もう少し考えてくれても良かったのではないか。
 これからも、国とこういう交渉を続けていく。これからもよろしくお願いします。
 
○(女性・母親)  ここしか頼るところがないから、だからお願いだと思って、ここに来て聞くんだけど、全然、答えになっていない。ほんとに残念に思う。
 これから渡利に帰って、子どもたちを学校にやったりするけど、本当に諦めないで、みなさんの知恵も借りて、どうやっていったらいいのかを考えていきたい。

○(若い男性・父親)  僕は、7歳の娘がいる。移住するかどうかずっと妻と相談して、今日まできた。渡利は線量が高くて、子どもたちはマスクをして通っているし、半年以上、外で遊んでいない。先日も、娘が、「パパ、自転車、乗りたい」と言う。「まだ放射能があるからね。ごめんね」と言った。自転車も一輪車も半年以上、物置に入って埃を被っている。その中で子どもたちは過ごしている。
 うちの娘も、他の子どもたちも、何とか救いたい、守りたいと思って、今日はやってきた。
 僕たちの願いが、政府の固い頭を柔らかくしてくれるといいと願っている。

○(若い女性)  政府交渉は、5月のとき以来、2回目。そのときも、「何だろう、このもやもやした思いは」、と思っていた。今回も「どうかなあ」と思いながら、1コでも2コでも持ち帰りたいと思ってきた。やっぱり、「あ~あ」と思った。
 そんなにまで福島市を特定避難勧奨地点にしたくないのかという印象をもった。福島県の県庁所在地だからなのか。そういうことまで考えてしまった。
 特定避難勧奨地点にならなければ、子どものことも考えられないというのは、摩訶不思議な考え方。すごく憤りを覚えた。
 やはり、南相馬の子どもと福島市の子どもがどこが違うのか。子どもに差別はないと言ってたけど、差別しているではないか。そう思ってしまう。
 
○(男性・父親)  親自体が、残念ながら、「安全だ」「危険だ」と割れているというのが現実としてある。それが、乗り越えられない。なぜかというと、20ミリシーベルト/年以下でどっから安全かがはっきりしないから。つまり安全とは言えないから。
 ところが、情報に格差があって、「安全と国が言っているんだから、安全だろう」という人もいる。それでも、情報をなんとか共有して、こういうところまできた。
 福島をひとつにして、子どもと妊婦をとにかく何とか今の被ばく状態から逃がそうというところに来ている。
 政治も何も乗り越えて、やろうよといって今日、この場がもたれている。


CIMG3463_convert_20111101173216.jpg


○中手聖一さん (写真上 「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表世話人であると同時に、渡利で働いて30年、渡利に住んで10年)
 今日、交渉したのは、経産省。これはほんとにひどい。
 4月、文科省が、「子ども20ミリシーベルト通知」というのを出してきて、この問題を一生懸命やった。当初は「学校の除染もいらない」とブレーキをかけていたが、いろいろ進展して、子ども20ミリシーベルト基準というのを文科省に撤回させた。
 だけど、今日のは、「新たな20ミリシーベルト」問題だ。これは。「経産省の20ミリシーベルト」問題だ。
 今日はっきりと分かったのは、経産省は、子どもに20ミリシーベルト/年を被ばくさせるということだ。とんでもないことだ。決して諦めるわけにはいかない。
 力を合わせて、絶対にこれを撤回させて、渡利の子どもを守りたい。
 


■国は何を守りたいのか


 「国は、子どもたちを守る気がありますか。それとも東京電力さんを守るのですか」。こういう鋭い声が飛んだ。
 この交渉の場にいてはっきりと感じられたことは、国が守ろうとしているのは、東京電力であり、核政策と原子力産業という国策だ。あるいは福島県という行政機構だ。あるいは、原発事故と放射能汚染という国策の破綻を取り繕う政策だ。そのためには、住民の生命の安全よりも、国益を優先させるということだ。そこにあるのは、国策のため、放射能の中に棄民する政策だ。そうとしか思えない。
 住民のみなさんは、10月8日の現地対策本部と福島市を相手にした住民説明会で憤り、政府に直接、訴えれば、何かしらの応答があるものと、わずかの期待をもって東京にやってきた。その住民にたいする政府の対応、経産省の官僚たちの姿勢は、「とにかく除染」「避難はさせない」「再調査もやらない」「子ども・妊婦基準も適用しない」。一切、受けつけないという態度だ。
 なぜそのくらいのことが認められないのか。なぜそこまで頑ななのだ。それが国益・国策というものなのか。
 事後集会で住民が、口々にその悔しさ、無念さを語った。この人びとになぜこれほどまでの思いをさせなければならないのか。この国は一体誰のものなのか。本当に身につまされるし、許せない。
 しかし、住民のみなさんは、「諦めない」と、自分に言い聞かせるように語っている。いや子どもたちのことを思うと、「諦めようにも、諦められない」のだ。


CIMG3210_convert_20111101183814.jpg
(10月26日 渡利・市民集会)


 
押し返している 


 この場にいて、もうひとつ感じたことがある。
 それは、住民が、政府にたいして訴え、政府の答弁に反論していく中で、少しずつ押し返していることだ。
 たしかに、政府は、官僚答弁をくり返していたが、決して官僚に言われっぱなしではなかった。
 住民の鋭い追及の前に、官僚たちがたびたび答えに窮し、立ち往生していた。
 国益を守る装置である官僚たちが、住民の必死の訴えによって、押し返されている。
 中手聖一さんが、交渉に先立つ26日の市民集会で、次のように訴えていた。
 「役人たちの政策決定を変えるということは、大変、骨の折れることだ。しかし、役人たちが、『渡利の人たちは本気だな。このままにしていたら、エライことになるな』と思ったとき、役人の方から、『そろそろ手を打たなければ』となる」。


CIMG3261_convert_20111101184344.jpg
(10月26日 渡利・市民集会)


 
渡利の問題は全国の問題


 今回の交渉では、全国から集まった約300人が、住民とともに声をあげた。
 このような声の大きさと広がりがもっと必要だろう。「子どもたちを守れ」「避難を求める住民に避難を。避難費用には賠償を」と、全国から、声をあげてほしい。 
 渡利の問題は、一部地域の問題ではない。たしかに住民は6千7百世帯、交渉にやってきたのは約20人。しかし、この住民が直面している問題は、放射能汚染をめぐる国策、国策のために棄民する政策とのもっとも鋭い対決点だ。
 そして、ここには、戦後日本が進めてきた地方にたいする植民地支配ともいうべき差別が貫かれている。戦後日本は、沖縄に基地を押しつけ、福島に原発を押しつけて成り立ってきた。  
 沖縄の人びとが、「基地は本土に持って行け」と突きつけている。ずっと黙って耐えてきた福島の人びとから、「原発は東京に持って帰れ」「送電線を切ってやりたい」「放射性廃棄物は東京で処分しろ」という声もあがり始めている。
 この訴えには、戦後日本のあり方にたいする根本的な告発がある。本土に住み、都市に暮らしてきた人びとにとって、それは、厳しい突きつけを孕むだろう。それを受け止めて、沖縄の問題、福島の問題を自らの問題として考え始めることが、日本全体の大きな変革への一歩になるのだ思う。


 





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【※文末資料】 原子力災害対策本部 6月16日付文書
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
事故発生後1年間の積算線量が20mSvを超えると推定される特定の地点への対応について
                             
                     平成23年6月16日
                         原子力災害対策本部

1. 年間20mSv超線量地点に対する政府としての対応

・計画的避難区域及び警戒区域の外であって、計画的避難区域とするほどの地域的な広がりが見られない一部の地域で事故発生後1年間の積算線量が20mSvを超えると推定される空間線量率が続いている地点が複数存在している。

・当該地点については、そこを離れればより低い線量であることから、必ずしも生活全般を通じて年間20mSvを超える懸念は少ない。年間20mSvがICRP等が示す参考レベルの範囲で最も低い数値を採用していることを踏まえれば、線量の高い地域が面的に広がっている計画的避難区域とは異なり、安全性の観点から政府として一律に避難を指示したり、産業活動を規制すべき状況にはない。

・他方で、こうした状況に不安を感じる住民がいることは当然であり、また、生活形態によっては、年間20mSvを超える可能性も否定できないことから、政府として対応を行うことも重要。このため、当該地点を「特定避難勧奨地点」とし、そこに居住する住民に対して、注意を喚起し、避難を支援、促進する必要がある。

2. 仕組み

・当該地点は一律に避難を求めるほどの危険性はなく、今般の対応は住民に対する注意の喚起と支援表明である。他方で、地点近辺の住民の安全・安心の確保に万全を期す観点から、政府として対応を行う地点を特定し、この地点に対してしっかりと対策を講じていくことを対外的にも明確にしていく。

<具体的な仕組み>

(1) 文部科学省は、当該地点近傍のより詳細なモニタリングを行い、その結果年間20mSvを超えると推定される空間線量率が測定されれば、現地対策本部を通じ、速やかに福島県知事及び関係市町村長に連絡。

(2) 現地対策本部、福島県、関係市町村で協議し、除染が容易でない年間20mSvを超える地点を「特定避難勧奨地点」として住居単位で特定。現地対策本部長が、当該市町村に、文書で通知。

(3) 市町村は、「特定避難勧奨地点」に該当する住居に対して、例えば、モニタリングの結果、放射線の影響、活用できる支援措置、説明会の日程等についての説明資料を添付して、個別に通知。市町村は、避難した世帯に被災証明を発行。
特に、妊婦や子供のいる家庭等の避難を促していただけるよう、自治体と相談していく。

(4) モニタリングを定期的に実施し、その結果に基づき、現地対策本部、福島県、関係市町村で協議し、解除は柔軟に行うこととする。

(注)今回は、例えば、対象地点に、50世帯あり、このうち20世帯が生活形態や家族形態を考え、避難を希望するという事態に対応。残る30世帯は、避難を求められるものではない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/11/01(火) 16:24:47|
  2. 渡利地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

福島市・渡利地区の避難指定を見送り   住民が強く反発

CIMG2893_convert_20111014085135.jpg



 10月8日の午後7時から、福島市の渡利小学校体育館で、「特定避難勧奨地点」(※)の指定をめぐって、渡利と小倉寺の両地区の住民にたいする説明会が行われた。説明する側は、政府・原子力災害現地対策本部と福島市当局。
 この説明会の開催を、福島市は、一部の住民にしか通知しなかった。こっそりとやって、住民の批判をかわそうとした。が、口伝てに広がり、午後6時半を過ぎた頃から人の流れができ、始まる頃には400人以上が集まった。
 政府と福島市の説明と答弁は、「避難はさせない」「とにかく除染」という結論ありきで、それを住民に押しつけることに終始した。
 これに住民は強く反発、地域の町会長なども含め30人以上が次々と発言、訴えや批判を述べた。政府・福島市の説明に賛意を示す発言は皆無だった。
 説明会は、大荒れに荒れて、夜中の12時まで5時間かかっても、収集がつかないまま時間切れとなった。

〔※原子力安全・保安院の定義によれば、特定避難勧奨地点とは、事故発生後1年間に受ける放射線量が20ミリシーベルトを超える予測される場所が、一定の広がりを持たずに地点として存在するところ。該当する住民にたいして注意喚起、避難の支援や、促進を行う。特に妊婦や子どものいる家庭の避難を促す。南相馬市、伊達市などで指定されている。〕

CIMG2848_convert_20111014085943.jpg



避難させない


 政府・原子力災害現地対策本部から佐藤部長など3人、福島市からは10数人が前に並んだ。
 政府と福島市が行った説明の要旨は、以下のようだった。
「渡利・小倉寺地区の詳細測定の結果、年間の被ばく線量が20ミリシーベルトを超えると予想される地点が2地点ある。しかし、地域の端の方なので問題はない。よって特定避難勧奨地点の指定は行わない。今後は、不安を解消するために除染を実施する。長期的な目標として、2年後までに年間被ばく線量の50%を削減する」。
 年間で20ミリシーベルトを超えるのに、「避難はさせない」「とにかく除染」というのが結論だ。


CIMG2866_convert_20111014090114.jpg



ただちに全域で詳細調査を


 「政府の測定した数値は、全然、低い。測定していないところに高いがいくらでもある。測定をやり直してほしい。1軒1軒、測定してほしい」と住民は訴える。
 国の調査では、両地区6700世帯のうち、山沿いの一部地域に限定。しかも一世帯について2地点のみ。合計1038地点を測定。その結果、2地点だけが年間20ミリシーベルトを超えると予想される数値だったとしている。
 しかし、これは住民が自ら線量計を持って測った数値とはかけ離れている。「詳細調査をやってほしい」というのが大多数の住民の要求だ。
 ところが政府と福島市の答えは、「これから地域全体の除染を行う。そのときに測定する」とくり返すのみ。


CIMG2890_convert_20111014090518.jpg



なぜ南相馬と基準が違う


 「南相馬市では、政府は、《地上50センチメートル、2マイクロシーベルト/時》を基準に、18歳以下の子どもと妊婦がいる家庭について、特定避難勧奨地点に指定している。なぜそれが福島市ではだめなのか。おかしい」。
 南相馬市から参加した市議がこのように発言した。南相馬市の例が出されて、渡利・小倉寺地区にたいする政府と福島市の対応のおかしさが浮き彫りになった。政府は、南相馬市と福島市で、避難の基準を変えているのだ。
 「基準が違うではないか」という指摘にたいして、佐藤室長は、その理由を「ロケーションなどを鑑み」ということでごまかそうとしたが、無理がある。
 政府は、避難をさせないために、基準の方を上げてしまうというやり方をしているのだ。


CIMG2859_convert_20111014090349.jpg



100ミリ以下なら影響ない!? 20ミリ以下なら安全!?


 佐藤室長は、さらに踏み込んだ発言を行った。
 住民が、「地域を自分たちで測ったら、線量計が振り切って9・99マイクロシーベルト/時になった。これでも住んでいていいのか」と不安を述べた。
 すると、これに佐藤室長が答えて、「年間100ミリシーベルト以下は健康への影響はない。ICRP(国際放射線防護委員会)の緊急時の基準は20~100ミリシーベルト/年。年間20ミリシーベルト以下なら安全」。
 これまで、公衆の被ばく線量限度は年間1ミリシーベルトと、法令(原子力基本法と関連法令)で定められきた。ところが文科省の下にある放射線審議会は、10月6日、この1ミリシーベルト基準を維持することができなくなったとして、基準を変えるという見解案を出している。
 それは、端的に言えば、《県庁所在地である福島市で、年間1ミリシーベルト基準を適用していたら、避難とそれに伴う補償が大規模になる。国にとって政治的にも経済的にも大打撃だ。だから、基準を変えて、国民に我慢をしてもらう》という見解だ。住民の健康被害より、国益の方が大事だというのだ。
 佐藤室長の発言は、この見解に沿ったものなのだ。
 これは、福島県の父母らの要求を受け入れて、一旦は、《学校について、年間1ミリシーベルトを目指す》とした文科省の5月27日の見解をも反故にするものだ。


CIMG2908_convert_20111014090835.jpg


 
避難させないための除染


「除染しても、線量は大して下がらない。特定避難勧奨地点に指定してほしい」。
「除染か避難かという話ではない。除染に反対しているのでもない。両方でしょう。なんで避難を認めないのか」。
 避難と除染について、住民の求めているものはこういうことだ。
 ところが、佐藤室長は、「年間100ミリシーベルトまで健康に影響はない」「年間20ミリシーベルト以下なら安全」「安全だけど、住民が不安だと言うから、安心のために除染をやる」という答弁をくり返した。そして、「年間20ミリシーベルトを超えた地点は、除染してもう一度、測る」。
 福島市も同じだ。冒頭から、「市としては、除染で行くと決めた。福島市では避難はやりません」と宣言。除染を強く押し出すことで、避難の要求を抑え込む、あるいは、避難の要求を抑え込んで、この日の説明会を事実上の除染の説明会にしてしまう―こういう意図なのだ。


◇除染の効果なし

 しかし、除染の効果について問われると、その答えは全くおぼつかない。
 「2年後までに年間被ばく線量の50%減を目指す」と佐藤室長は言う。しかしその中身は「自然減が40%なので、プラス10%を頑張る」と言うもの。セシウム137の半減期は30年、セシウム134の半減期は2年。福島の汚染は、両者が比率で1:1と言われている。
 つまり、まず一般的な前提的な話として、自然の減衰と地下水などへの流出に期待すると言っているに等しい。除染の効果の薄さを政府も認めざるをえない。
 しかし、実は、渡利地区については、時間が経ったから自然に減少するとはならず、むしろ逆に高くなるという専門家の指摘もある。渡利地区は、山林に囲まれ、山から雨のたびに汚染土壌が流れ込むからだ。
 「2年で50%に」といいながら、2年間、効果が上がらず、住民は放射能の中に放置され、被ばくはどんどん進むということが起ころうとしているのだ。
 


◇仮置き場もなし

 さらに、除染がただちに始まるのかといえば、そうでもない。
 現在、福島市は大波地区の除染を行っているが、大波地区でも数カ月かかり、その後に漸く渡利・小倉寺地区にとりかかる。渡利・小倉寺地区は、大波地区の200倍の規模で、年単位を要することは明らか。
 しかも市も認めるように、除染で出た土壌など物の仮置き場も決まっていない。それが決まらなければ、いつになっても除染は始まらない。


CIMG2892_convert_20111014092121.jpg



市民を守らないのか


 「避難はさせない」「とにかく除染」という政府と福島市の頑なな態度に、批判が相次いだ。
 「渡利の人を避難させる気はさらさらないということか」。
 「おとなしい人ばかりで何も言わないと思って、これじゃ弱い者いじめだ」。
 「7月から説明会の開催を求めてきた。やっと行われたけど、除染のための説明会になっている。おかしい」。
 また、市の姿勢にも批判が及んだ。
 「福島市は、どっちの側を向いているのか。市は、本来、住民の側に立って、国に要求するべき」。
 「『放射能に関して、市には権限がない』というが、市は市民を守らないのか」。
 さらに、説明会のやり方にも批判が。
 「今日の説明会を知らされていない人がたくさんいる。町を分断することになる。こういうやり方に抗議する」。
 「国と市は、住民の意見をうけとめていない。説明会を中断して、市長とか大臣を呼べ」。


IMGP1442_convert_20111014092322.jpg
(住民の有志らが汚染の現状を知らせる資料を配付し、署名活動。写真手前は、住民とともに測定に尽力する「福島老朽原発を考える会」の阪上武さん)

IMGP1443_convert_20111014092510.jpg
(住民の自主的な測定で高い数値が出て、「危険だ」と指摘された阿武隈川沿いの木橋。立て札もないので、知らない人は、ウォーキングで通っている)

CIMG3019_convert_20111014092636.jpg
(住民有志と阪上さんらの測定で、20・74マイクロシーベルト/時を記録した渡利小学校・校庭南西の倉庫)



20ミリ基準との対決


「20ミリシーベルト基準の問題が再び前面に出てきた。構え直さないといけない」。
 渡利地区の住民として、「権利としての避難」を求めて運動をしてきた中手聖一さん(子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク・代表世話人)は、説明会を総括して、このように気を引き締めた。
 今回の説明会は、一部住民にしか通知されていないため、どれだけ集まるか心配された。が、実際にはたくさんの人が集まり、住民の関心の高さが示された。しかも、町会長など、地域のまとめ役の人たちも次々と発言に立ち、批判的な意見を述べていった。
 これは、政府と福島市にとって、大きな誤算だったに違いない。
 しかし、中手さんが厳しく見ているように、政府は、法定の基準を変えるまでして、「避難はさせない」「とにかく除染」という方針で、住民の抵抗を押し潰し、切り捨て、被ばくを強制しようとしいる。
 渡利・小倉寺地区をめぐる事態は、放射能汚染をめぐる攻防の大きな焦点であり、正念場に差しかかってきている。



テーマ:東北関東大震災 - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/14(金) 08:40:34|
  2. 渡利地区
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。